近視矯正!イントラレーシック体験

当サイトは近視矯正!イントラレーシック体験手術についての情報サイトです。
イントラレーシックに関する情報と私のイントラレーシック体験を掲載しています。
イントラレーシックQ&A
Q.検査などは必要ですか?
A.レーシック手術当日の前に1度適応検査を受診する必要があります。

Q.コンタクトレンズを使用してますが、イントラレーシック手術を受けることはできますか?
A.手術予定日の1ヶ月前くらいからは使用しないようにしてください。

Q.イントラレーシック手術時間はどのくらいですか?
A.イントラレーシック手術自体の時間は、両眼で20分くらいです。手術当日は診療全体で約1時間半〜2時間くらいかかります。

Q.レーシック手術中に痛みはありますか?
A.イントラレーシック手術前に、点眼麻酔をするので手術自体では痛みを感じることはありません。ただ開瞼器を使って、まぶたを開いたまま固定しますので違和感はありますが、痛みというほどのものではありません。

Q.イントラレーシック手術中に眼が動いてしまっても大丈夫ですか?
A.開瞼器で眼が閉じないように固定されてますし、眼球の動きを追尾するアイトラッキングシステムが搭載されてますので、眼が動いてしまっても大丈夫です。

Q.イントラレーシック手術で失敗することってありますか?
A.イントラレーシック手術を受けて失明するなどといった失敗はまずありません。ごくまれに視力の戻りが発生する場合がありますが、視力回復保障制度を適用している眼科・クリニックでは、無料で再手術可能です。

Q.一度イントラレーシック手術を受ければ、視力は回復しますか?
A.イントラレーシック手術を受けたほとんどの方が、1回の手術で裸眼生活できるようになってます。

Q.イントラレーシック手術を片眼づつ受けることはできますか?
A.可能です。眼科・クリニック医師にご相談ください。

Q.イントラレーシック手術後、入院する必要はありますか?
A.イントラレーシック手術当日は、検査・診察・手術などで約2時間かかりますが、入院する必要はありません。

Q.イントラレーシック手術後、フラップが取れたりずれたりすることはあるのですか?
A.イントラレーシック手術を受けてからフラップが安定しないうちに、強くこすったり、衝撃を受けたりするとまれにフラップがずれてしまうことがあります。必ず眼科・クリニック医師の指示を守り、保護用眼鏡や眼帯を着けるようにしてください。

Q.イントラレーシック手術後、手術跡は残りますか?
A.イントラレーシック手術後、フラップを作成した部分で充血する場合がありますが、1週間も経てば綺麗になります。

Q.イントラレーシック手術後、近視に戻ることはありますか?
A.イントラレーシック手術後、1〜3ヶ月で視力は安定し、若干手術後より視力が落ちる方もいますが、もとの近視視力まで戻ることはほとんどありません。

Q.イントラレーシック手術後、いつから眼をこすっても大丈夫になりますか?
A.1ヶ月も経てば、フラップが安定しますので、こすっても大丈夫ですが、レーシックに限らず眼をこすることはよくないので、なるべく眼には触れないようにしてください。

Q.イントラレーシック手術後、いつから仕事はできますか?
A.レーシック手術翌日から仕事をすることは可能ですが、翌日には術後検診があるので、ほとんどの方は翌々日から仕事に復帰されているようです。ただし眼を酷使するような仕事の方は、眼科・クリニック医師にご相談ください。

Q.イントラレーシック手術後、いつから車の運転はできますか?
A.レーシック手術後、2・3日は車の運転を控えるようにしてください。視界がぼやけていたり、夜間光がにじむ症状も出るので、視力が安定する1週間までは、車の運転をしないことをお勧めします。

Q.イントラレーシック手術後、いつからスポーツはできますか?
A.イントラレーシック手術後、1週間は運動できません。ジョギングなどの軽い運動なら1週間後から可能です。球技や水泳などは1ヶ月間は控えるようにしてください。詳しくは眼科・クリニック医師に相談してください。

Q.イントラレーシック手術後、いつからメイクはできますか?
A.イントラレーシック手術後、1週間〜2週間はアイメイクを控えてください。目の周り以外のメイクであれば、イントラレーシック手術翌日から大丈夫です。

Q.イントラレーシック手術後、いつからお風呂やシャワーは大丈夫ですか?
A.イントラレーシック手術当日は、肩より上に水がかからなければシャワーは可能です。汗をかいて目に入らないように温めの温度で浴びてください。レーシック手術翌日から洗髪・洗顔可能ですが、なるべく目に触れないように、目に水が入らないようにしてください。

Q.イントラレーシック手術後、読書やパソコンをしても大丈夫ですか?
A.イントラレーシック手術当日は、なるべく目を使わないようにして、1時間おきに点眼してください。翌日からはよほど目を酷使しない限り、読書やパソコンは可能です。

Q.イントラレーシック手術に年齢制限はありますか?
A.イントラレーシック手術を行う眼科・クリニックにより差異はありますが、基本的には18歳未満の方は眼が成長過程にあるのでできません。18歳以上で適応検査に問題がなければ誰でも受けられますが、未成年の方は保護者の同意が必要となります。

Q.レーシック手術が受けられないことはありますか?
A.レーシック手術不適応な方の例として、18歳未満の方、角膜が薄い方、妊娠中の方、眼に疾患のある方(白内障・緑内障・網膜剥離・円錐角膜など)は、レーシック不適応となります。

Q.花粉症でもイントラレーシック手術は可能ですか?
A.イントラレーシック手術自体は可能ですが、手術後に目をこすったりしてはいけませんので、花粉症の時期は避けた方がよいです。

Q.乱視でもイントラレーシック手術は可能ですか?
A.乱視の方でもイントラレーシック手術は可能です。ただし強度の乱視の方は、受けられない可能性がありますので、眼科・クリニック医師にご相談ください。

Q.ドライアイでもイントラレーシック手術は可能ですか?
A.ドライアイの方でもイントラレーシック手術は可能です。ただしドライアイの症状が強い方の場合は、一度ドライアイの治療を行ってから、イントラレーシック手術を受けることになります。

Q.妊娠中でもイントラレーシック手術は可能ですか?
A.残念ながら妊娠中は、イントラレーシック手術を受けることはできません。出産後3ヶ月以上経過すれば、イントラレーシック手術を受けることができます。

Q.強度近視でもイントラレーシック手術は可能ですか?
A.私自身、両目とも0.01の強度近視だったのですが、無事レーシックを受けることができました。それ以上に重度な方も、眼科・クリニック医師に相談してみてください。

Q.片目だけのイントラレーシック手術は可能ですか?
A.片目だけのイントラレーシック手術も可能です。左右の視力バランスが悪い方もバランスがよくなるような治療が可能です。

Q.イントラレーシック手術後、すぐに視力が回復しますか?
A.イントラレーシック手術が終了次第、視力は回復します。しばらくは視界がぼんやりした感じがありますが、1ヶ月も経過すれば視力は安定してきます。

Q.イントラレーシック手術を受けるとどのくらいまで視力回復しますか?
A.個人差はありますが、一般的に眼鏡やコンタクトレンズで矯正した視力まで回復します。イントラレーシック手術を受けた方の3ヶ月後の平均視力は、イントラレーシックで1.6となっています。

Q.イントラレーシック手術で老眼は治りますか?
A.残念ながら、イントラレーシック手術では老眼を治すことはできません。

Q.イントラレーシック手術の費用はどれくらいですか?
A.イントラレーシック費用は年々安くなる傾向にあり、また眼科・クリニックによっても変わってきますので、イントラレーシック手術を受ける時期に問い合わせてみてください。

Q.近視や乱視がひどい場合、別途費用がかかりますか?
A.眼の状態がどうあれ、イントラレーシック適応検査に通れば、費用が変わることはありません。

Q.イントラレーシック手術の支払い方法はどんなものがありますか?
A.眼科・クリニックによって異なりますが、一般的には現金払い、銀行振込、クレジットカードなどが使用できます。

Q.イントラレーシック手術で健康保険は使用できますか?
A.イントラレーシック手術は、自由診療ですので健康保険は適用できません。

Q.イントラレーシック手術で生命保険の給付を受けることはできますか?
A.多くの生命保険・医療保険でイントラレーシック手術は給付の対象となっています。詳しくは加入している保険会社にご確認ください。